マンツーマン英会話

英語にない日本語の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
japanese

世界の人口は約70億人です。70億人という膨大な数字を聞いてもピンとこないと思いますが、70億人の人口のうち英語を公用語として話す人口は25%であると言われています。数字にすると4人に1人ほどは英語を話すということです。全人口の4人に1人は英語が話せるということから英語が世界で1番の共通語であると言われているわけです。

 

ETSが主催している外国語としての英語のテストであるTOEFLでは受験者の母国語別成績が公開されていますが、日本語を母国語とする日本人の成績は世界的にとても低いです。アジア圏の中でも中国や韓国を大きく下回っています。日本の英会話は、読み書きが中心であることが多くリスニングや発音はあまり学ばないということも問題の1つですが、日本語の環境だけにいると英語の発音をいつまでも認識出来ないというのも大きな理由の1つでしょう。英語を上達させるためには、自分自身が英語環境に行き学ぶのが1番です。

 

日本語には「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」の区別がありますが、英語である外国語にはそこまでの細かい区別はありません。確かに英語にも丁寧語などの表現はあるのですが、ここまで細かく言葉が区別されているのは日本だけです。そういった意味では日本語というのはとても複雑で難しい言葉ですので、英語をそこまで難しく考える必要はないと言えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイティブ×マンツーマンのオンライン英会話

セナアカデミーではマンツーマンでのオンライン英会話をおこなっています。

いずれもネイティブ講師となっており、

正しい発音を学ぶことが可能です。

当サイトでもおすすめの英会話サービスとなっています。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>